その「塾」大丈夫?  

塾の種類

「塾」の始まり

学習塾の種類

塾の形態

「塾」向きの子

「家庭教師」向きの子

お問い合わせ

 

 

 

 塾の種類

学習塾の種類 学習塾の種類 学習塾の種類

学習塾にもいろいろな種類がありますが、大切なのは、お子様の性格を把握し、塾に通う目的に合わせることなのです。例えば、現在、少し学習理解度が遅いほうだ、というお子様は大手塾ではなく、個人塾の方が合っています。なぜなら分からないところを徹底的に把握できるからです。また、受験を考えるなら、確かに大手塾の情報の豊富さは魅力ですよね。また、競争心の強いお子様も、レベル分けされ偏差値のハッキリする大手塾では成績が伸びやすいでしょう。その反面、マイペースなお子様は大手塾のメリットはあまり期待出来ないことが多いようです。このように、お子様はそれぞれ性格が違うものなのですから、それぞれにあった塾を選ぶことが一番大切なのです。。それぞれ特徴がありますので、お子様が塾に行く目的や現在の学力、お子様の性格に一番適した学習塾を選ぶ時の参考にどうぞ。

進学塾の特徴進学塾の特徴

進学塾は成績順でクラス分けされています。クラス単位でカリキュラムが異なり、指導してくれる講師も異なります。授業方法は、塾で用意されたテキストなどを使用して授業形式で進めていきます。学校の授業よりも一ヶ月位早いペースで授業を行い、学校と比べて授業内容もはるかにレベルが高いようです。基礎学力が付いているお子様や競争心のあるお子様に向いているでしょう。

個別塾の特徴個別塾の特徴

席が1つ1つのブースで区切られていているので生徒は仕切られた空間でそれぞれ勉強に取り組んでいきます。塾で用意された問題集などを使用してわからない箇所を質問していくといった形式です。講師1名に対して生徒が1名〜5名程度のコースがあります。生徒のレベルに合わせた指導ができ、わかるまで教えてもらえるのが1番のメリットですね。

補習塾の特徴補習塾の特徴

学校の授業のペースに合わせて塾の授業を進めてくれる学習塾のことです。補習塾は比較的に個人が経営している場合が多く、比較的小規模な塾が多いようです。生徒は一クラス10人〜20人ぐらいの補習塾が一般的のようです。補習塾は地元密着型の塾が多く、特定の学校の情報に詳しく、その対策に秀でた塾が多いのも特徴の一つです。補習塾は学校の授業と同じペースで進んでいて復習中心なので、学校に合わせて勉強が出来ると言うことが1番のメリットとも言えるでしょう。進学塾と個別塾との中間的な塾という感じです。

補習塾の特徴

一般的な個人塾は寺子屋タイプの個人塾が多く、講師1人が生徒10〜20名程度を指導し生徒がわからない所を質問していくという形式です。特徴は料金が安く、週の回数も比較的多いようです。また、試験前などには毎日塾で勉強を指導してくれる塾も多く生徒と講師との距離が近いという良い点もあります。個人塾は、いろんな形式がありますので各塾の良い点を見て選んでいきましょう。

塾の指導方法 塾の指導方法 塾の指導方法


塾の指導方法には、大きく分けて、グループ指導と個別指導の2つがあります。
それぞれに特徴がありますので、お子様にあった受講や指導方法を見つけることをおすすめします。多くの塾では、入塾体験や説明会などを行っていますので、体験時のお子様の様子などを見たり、お子さんの意見を聞きながら決めると良いでしょう。

グループ指導の特徴グループ指導の特徴

多くの生徒がひとつの教室で一斉に授業を受ける形式です。目的が同じ仲間と切磋琢磨しながら一緒に頑張ろうという意欲や、適度な競争心を持ちながら勉強ができるのが大きな特徴です。

個別指導の特徴個別指導の特徴


1人〜6人程度の子どもを1人の先生が個別で指導する形式です。子どものペースに合わせた指導方法なので、自分のペースで学習できると点と集団の中ではなかなか質問ができなかったり、実力を発揮できないとうお子様に向いています。また、学校での授業の先取りをしたい、数学の方程式が苦手で克服したい、首都圏の受験がしたいなどのニーズにも対応してくれます。

 

Copyright c その「塾」大丈夫? All Rights Reserved.